エットレ・バスティアニーニ研究会 2017年度活動行事計画



Activities of The Association for 2017
Attivita dell’Associazione in 2017

2017・1~2017・12

126日 東京 特別例会

バスティアニーニ没後50年の思い出を語り合い、歌などで楽しむ会

解説 桂川 清子

 

会場

品川区立中小企業センター

日時

 

 

主に1963年日本公演”イル・トロヴァトーレ”公演、1965年日本リサイタルの舞台本番前後にバスティアニーニと接する機会を持たれた会員の方の思い出をお話し頂いた。「舞台間近で見たため、バスティアニーニの細かい演技、例えば一幕でマンリーコの歌声が舞台裏から聞こえたとき、顔を客席に向けたまま眼球だけでその方を見据えたことを鮮明に思い出します。」とのお話しや、バスティアニーニはピアニストの三浦洋一氏と変わってピアノの椅子に座り、結構きれいなアルペッジョを弾いたのを覚えている等、貴重なお話しで、参加者は当時の姿が重なって深く偲ばれたようでした。
他の出席者からもバスティアニーニの歌唱方についての分析や、ピアニストの故三浦洋一氏がバスティアニーニと共演した思い出話を熱く語った40年以上前のFMラジオ放送の記憶等を語り合いました。素晴らしい美声と卓越した歌唱や往時の姿を偲ぶ会となりました。

 


129日 大阪 第42 総会・勉強会

仮面舞踏会

王の恋、貴族の恋、設定場所、身分を変えることで上演許可されたオペラ

解説 桂川 清子
会場

大阪市立生涯学習センター メディア研修室

日時

 

 

元はスェーデンを舞台として作曲していましたが、当時のイタリア国内の不穏な動きのため検閲が厳しく、やむなく本国イギリスから派遣のボストン総督に設定変更した作品になりました。従って展開で場面ごとに様々な矛盾が生じてきます。この例会では、背景当時のスェーデン王室の状況もよく解説されたので、スェーデン作品の背景とボストン変更の両方の背景や当時の事情が参加者に理解できたようでした。
1967年の日本公演時のカルロ・ベルゴンツィの格調ある様式に則った歌唱と美声や、懐かしいステッラの歌う声や姿も思い出されていました。バスティアニーニがこの公演のレナートに出演予定であったのに、亡くなったことで出演できなくなり、カラー放送されたことにも、返す返すも残念に思う悲嘆のような声が聞こえていました。資料も詳細で勉強になったという声も頂きました。

 

 

225日 東京 第37回 総会・勉強会

戦争と平和

「人は何を支柱にして生きてゆけるのか」このテーマとプロコフィエフの音楽

解説 丸山 幸子
会場

品川区立中小企業センター

日時

 

 

原作を貫いたロシアという国への観察眼と人間の「愛と精神性」を、オペラ作品も突き詰めています。アンドレイとピエールの“理想”と“生き方見つけ”を、プロコフィエフも見失いませんでした。しかもソヴィエト指導者からも認められる作品にするには、大変な労苦があり、また才能でした。トルストイの膨大緻密な群像劇を歴史オペラ絵巻に成し得ますが、オペラは作品の上演あっての芸術です。演出と演奏者と劇場スタッフの理想と熱意の結実がなければ感動は聴衆に届きません。
エピグラフ(「題辞」)合唱「ロシアの民衆 ヨーロッパ12ヵ国の兵力が」または序曲は一般に1部開始前に演奏される。だが20003月 パリ・オペラ座(バスチーユ)公演では、1部終了の場で「題辞」合唱される。大変珍しいケースだが、この方が軍人も貴族も民衆も一丸となって戦う決意と気迫が感じられる。歌唱部と伴奏部の音楽は現代音楽らしく複雑だが美しく調和している。

初演に関するメモ
初演・・・194567日モスクワ音楽院大ホールで「全11場」を原作朗読付きの演奏会形式。1946612日レニングラード、マールィ劇場で改訂版2夜上演。(ボリス・ポクロフスキー演出)。1948年「ジダーノフ批判」で一部改訂。1952年全13場とエピグラフ最終版として完成させるが、19533月プロコフィエフ死去。19536月モスクワで最終版初演したようだが、一般に195541日レニングラード、マールィ劇場で最終版初演とされています。
「戦争と平和」ヨーロッパ初演はイタリア
これらソヴィエトでの上演に先駆けて、フィレンツェで、1953年5月23日に、ヨーロッパ初演として一部カットはあるものの上演されています。残念ながらこの上演は、あまり関連本で記載されていません。大変貴重な音源で、戦後のイタリアでオペラ上演復活のエネルギーと、第二次大戦の深い反省と再建の熱気まで感じます。バスティアニーニ、コレッリ、カルテッリ、バルビエリ、ロジンスキー指揮。バスティアニーニのアンドレイは理想と現実の中で苦悩する青年貴族を体現する名歌唱です

戦争と平和

 

521日  東京 第38回 勉強会

モーツァルト様々

1960年代から2016年の約50年の歩み

解説 桂川 清子
会場

品川区立中小企業センター

日時


 

1960年代からモーツアルトのオペラは特により多く上演されて来ました。モーツアルトは人間観察が鋭く、音楽による人物の描き分けがよく出来ています。舞台演出は、この50年で大きく変化し、戸惑う演出が多いです。鑑賞の仕方は人それぞれですが、モーツアルト作品に限らず、オリジナルを頭に入れ、下準備でよく知って見に行かないと難しくなってきました。
ドイツ語とイタリア語で作曲した作品がある中、《フィガロの結婚》ドイツ語版とイタリア語版を比較鑑賞すると、やはりこの作品はイタリア語でなければと実感します。名歌手の好演と演出から作品が生かされることなど、オペラ公演のありようを皆で考えました。

 

 

528日 大阪 第43回 勉強会

オテッロ

ヴェルディがようやく新しい時代のオペラ様式で書き生涯を代表する名作に

解説 丸山 幸子
会場

大阪駅前第2ビル

大阪市立総合生涯学習センター

日時

 

 

シェイクスピアの作家として、ボーイトの台本才能、これらも検証し、作品を多面的に考察しました。
オテッロの激怒の行動が嫉妬からだとする読み取りで良いのか、それでは腑に落ちない、という多くのオペラ愛好家の声から解明していきました。ロンドン、グローブ座演劇とオペラ場面を交差させて、オテッロの内面を探り出すことができました。
一 方、音楽的に《オテッロ》が画期的なのは、無限旋律で作られている点です。それまでの番号オペラからこのように変革しました。1881年に既に《シモン・ボッカネグラ》改訂版をボーイトの協力で取りかかった際、無限旋律を思考していました。そこから6年の後1887年という時代は現代音楽に近づいていました。ヴェルディは敏感に変革の風を感じながら、自分で考え工夫し、見つけ、辿りつきました。


2017丸山さん写真

 

 

 

618日 大阪 第12音楽会 エル おおさか プチ・エル(地下1

☆♪★♫主に会員の方々の歌とピアノの演奏を楽しみます。


 

プログラム

1、  関 朋子    マスカーニ「バッラータ」
2、  刈米 興子   ベッリーニ「激しい欲求」
3、  横川 隆一   トスティ「君なんか、もう」/「理想の人」
4、  丸山 幸子   チレア《アドリアーナ・ルクヴルール》~「私は芸術の下僕」
5、  志熊 道夫   モーツァルト《フィガロの結婚》~「もう飛ぶまいぞこの蝶々」
6、  大谷 陽子   ロッシーニ《イタリアのトルコ人》~「一人の男だけを愛するなんて気が狂う」
7、  武井 正之  ベッリーニ《清教徒》~「ほどいた美しい髪に花飾りをして」

♪♩ピアノ演奏

8、  藤田 牧子    メンデルスゾーン 幻想曲「夏の名残の薔薇」/無言歌集「春の歌」
9、  水沼 寿和    シューベルト=リスト「水の上にて歌う」/リスト「ハンガリー狂詩曲 第10番」

♫♩歌♩♫

10、丸山 幸子  マスカーニ《カヴァレリア・ルスティカーナ》~「ママも知る通り」

11、志熊 道夫  モーツァルト《ドン・ジョヴァンニ》~「カタログの歌」

12、刈米 興子  ロッシーニ《セミラーミデ》~「麗しい光」
13、 関 朋子   ドニゼッティ《連隊の娘》~「富も栄華の家柄も」「フランス万歳 幸せの日々よ」
14、 武井 正之  ヴェルディ《ナブッコ》~「神よ、あなたは予言者の唇に」
15、 大谷 陽子  ドニゼッティ《ロベルト・デヴリュー》~「冷たい男よ 彼女のそばで暮らすがよい」…「流された血は」


 

sDSC02293



sDSC02289
sDSC02300 sDSC02295


f2422a6e4299609a1b1cf3b3fcaf9282
sDSC02329

 

 

 


sDSC02282
sDSC02284
DSC02274



DSC02277


出演の皆様は長い期間、熱心に練習されて臨んでくださいました。声楽指導の方やプロのピアニストの方、お仕事の傍ら個人でレッスンを受けて地道に勉強されてられる方などが共に会して発表します。お客様からは、若い出演者も楽しいが、60代70代の演奏者から、音楽への愛と熱心さが伝わり感動しましたという声を頂きました。また、今は演奏していないが、60代以上の方々が音楽に取り組み努力する姿を見て、演奏に再挑戦して見たい気持ちになり励まされた、という方もいらっしゃいました。

 

 

 

85日  東京 第9回 夏のお楽しみ特集


バッハ「マタイ受難曲」 バレエ

教会音楽受容のメッセージ

解説 桂川 清子
会場

品川区立中小企業センター

日時



10月    東京 第39回 勉強会

マリン・ファリエロ

ヴェネツィアの歴史を紐解くと。総督の権限は?

会場
日時


 

1111日 大阪 第44


名歌手たちの芸術を偲ぶ

バスティアニーニ没後50年を偲び、1950年代からの今は亡き名歌手たちの至高の歌唱を振り返ります

ソプラノとバリトンのミニ演奏もお楽しみください

解説 丸山幸子
会場

ドーンセンター視聴覚スタジオ(5階)

(大阪府立男女共同参画青少年センター 天満橋)

アクセス

日時 11月11日(土)13時30分~


Comments: コメントは受け付けていません。

Comments are closed.