お知らせ

エットレ・バスティアニーニ研究会 2017年度活動行事計画



Activities of The Association for 2017
Attivita dell’Associazione in 2017

2017・1~2017・12

126日 東京 特別例会

バスティアニーニ没後50年の思い出を語り合い、歌などで楽しむ会

解説 桂川 清子

 

会場

品川区立中小企業センター

日時

 

 

主に1963年日本公演”イル・トロヴァトーレ”公演、1965年日本リサイタルの舞台本番前後にバスティアニーニと接する機会を持たれた会員の方の思い出をお話し頂いた。「舞台間近で見たため、バスティアニーニの細かい演技、例えば一幕でマンリーコの歌声が舞台裏から聞こえたとき、顔を客席に向けたまま眼球だけでその方を見据えたことを鮮明に思い出します。」とのお話しや、バスティアニーニはピアニストの三浦洋一氏と変わってピアノの椅子に座り、結構きれいなアルペッジョを弾いたのを覚えている等、貴重なお話しで、参加者は当時の姿が重なって深く偲ばれたようでした。
他の出席者からもバスティアニーニの歌唱方についての分析や、ピアニストの故三浦洋一氏がバスティアニーニと共演した思い出話を熱く語った40年以上前のFMラジオ放送の記憶等を語り合いました。素晴らしい美声と卓越した歌唱や往時の姿を偲ぶ会となりました。

 


129日 大阪 第42 総会・勉強会

仮面舞踏会

王の恋、貴族の恋、設定場所、身分を変えることで上演許可されたオペラ

解説 桂川 清子
会場

大阪市立生涯学習センター メディア研修室

日時

 

 

元はスェーデンを舞台として作曲していましたが、当時のイタリア国内の不穏な動きのため検閲が厳しく、やむなく本国イギリスから派遣のボストン総督に設定変更した作品になりました。従って展開で場面ごとに様々な矛盾が生じてきます。この例会では、背景当時のスェーデン王室の状況もよく解説されたので、スェーデン作品の背景とボストン変更の両方の背景や当時の事情が参加者に理解できたようでした。
1967年の日本公演時のカルロ・ベルゴンツィの格調ある様式に則った歌唱と美声や、懐かしいステッラの歌う声や姿も思い出されていました。バスティアニーニがこの公演のレナートに出演予定であったのに、亡くなったことで出演できなくなり、カラー放送されたことにも、返す返すも残念に思う悲嘆のような声が聞こえていました。資料も詳細で勉強になったという声も頂きました。

 

 

225日 東京 第37回 総会・勉強会

戦争と平和

「人は何を支柱にして生きてゆけるのか」このテーマとプロコフィエフの音楽

解説 丸山 幸子
会場

品川区立中小企業センター

日時

 

 

原作を貫いたロシアという国への観察眼と人間の「愛と精神性」を、オペラ作品も突き詰めています。アンドレイとピエールの“理想”と“生き方見つけ”を、プロコフィエフも見失いませんでした。しかもソヴィエト指導者からも認められる作品にするには、大変な労苦があり、また才能でした。トルストイの膨大緻密な群像劇を歴史オペラ絵巻に成し得ますが、オペラは作品の上演あっての芸術です。演出と演奏者と劇場スタッフの理想と熱意の結実がなければ感動は聴衆に届きません。
エピグラフ(「題辞」)合唱「ロシアの民衆 ヨーロッパ12ヵ国の兵力が」または序曲は一般に1部開始前に演奏される。だが20003月 パリ・オペラ座(バスチーユ)公演では、1部終了の場で「題辞」合唱される。大変珍しいケースだが、この方が軍人も貴族も民衆も一丸となって戦う決意と気迫が感じられる。歌唱部と伴奏部の音楽は現代音楽らしく複雑だが美しく調和している。

初演に関するメモ
初演・・・194567日モスクワ音楽院大ホールで「全11場」を原作朗読付きの演奏会形式。1946612日レニングラード、マールィ劇場で改訂版2夜上演。(ボリス・ポクロフスキー演出)。1948年「ジダーノフ批判」で一部改訂。1952年全13場とエピグラフ最終版として完成させるが、19533月プロコフィエフ死去。19536月モスクワで最終版初演したようだが、一般に195541日レニングラード、マールィ劇場で最終版初演とされています。
「戦争と平和」ヨーロッパ初演はイタリア
これらソヴィエトでの上演に先駆けて、フィレンツェで、1953年5月23日に、ヨーロッパ初演として一部カットはあるものの上演されています。残念ながらこの上演は、あまり関連本で記載されていません。大変貴重な音源で、戦後のイタリアでオペラ上演復活のエネルギーと、第二次大戦の深い反省と再建の熱気まで感じます。バスティアニーニ、コレッリ、カルテッリ、バルビエリ、ロジンスキー指揮。バスティアニーニのアンドレイは理想と現実の中で苦悩する青年貴族を体現する名歌唱です

戦争と平和

 

521日  東京 第38回 勉強会

モーツァルト様々

1960年代から2016年の約50年の歩み

解説 桂川 清子
会場

品川区立中小企業センター

日時


 

1960年代からモーツアルトのオペラは特により多く上演されて来ました。モーツアルトは人間観察が鋭く、音楽による人物の描き分けがよく出来ています。舞台演出は、この50年で大きく変化し、戸惑う演出が多いです。鑑賞の仕方は人それぞれですが、モーツアルト作品に限らず、オリジナルを頭に入れ、下準備でよく知って見に行かないと難しくなってきました。
ドイツ語とイタリア語で作曲した作品がある中、《フィガロの結婚》ドイツ語版とイタリア語版を比較鑑賞すると、やはりこの作品はイタリア語でなければと実感します。名歌手の好演と演出から作品が生かされることなど、オペラ公演のありようを皆で考えました。

 

 

528日 大阪 第43回 勉強会

オテッロ

ヴェルディがようやく新しい時代のオペラ様式で書き生涯を代表する名作に

解説 丸山 幸子
会場

大阪駅前第2ビル

大阪市立総合生涯学習センター

日時

 

 

シェイクスピアの作家として、ボーイトの台本才能、これらも検証し、作品を多面的に考察しました。
オテッロの激怒の行動が嫉妬からだとする読み取りで良いのか、それでは腑に落ちない、という多くのオペラ愛好家の声から解明していきました。ロンドン、グローブ座演劇とオペラ場面を交差させて、オテッロの内面を探り出すことができました。
一 方、音楽的に《オテッロ》が画期的なのは、無限旋律で作られている点です。それまでの番号オペラからこのように変革しました。1881年に既に《シモン・ボッカネグラ》改訂版をボーイトの協力で取りかかった際、無限旋律を思考していました。そこから6年の後1887年という時代は現代音楽に近づいていました。ヴェルディは敏感に変革の風を感じながら、自分で考え工夫し、見つけ、辿りつきました。


2017丸山さん写真

 

 

 

618日 大阪 第12音楽会 エル おおさか プチ・エル(地下1

☆♪★♫主に会員の方々の歌とピアノの演奏を楽しみます。


 

プログラム

1、  関 朋子    マスカーニ「バッラータ」
2、  刈米 興子   ベッリーニ「激しい欲求」
3、  横川 隆一   トスティ「君なんか、もう」/「理想の人」
4、  丸山 幸子   チレア《アドリアーナ・ルクヴルール》~「私は芸術の下僕」
5、  志熊 道夫   モーツァルト《フィガロの結婚》~「もう飛ぶまいぞこの蝶々」
6、  大谷 陽子   ロッシーニ《イタリアのトルコ人》~「一人の男だけを愛するなんて気が狂う」
7、  武井 正之  ベッリーニ《清教徒》~「ほどいた美しい髪に花飾りをして」

♪♩ピアノ演奏

8、  藤田 牧子    メンデルスゾーン 幻想曲「夏の名残の薔薇」/無言歌集「春の歌」
9、  水沼 寿和    シューベルト=リスト「水の上にて歌う」/リスト「ハンガリー狂詩曲 第10番」

♫♩歌♩♫

10、丸山 幸子  マスカーニ《カヴァレリア・ルスティカーナ》~「ママも知る通り」

11、志熊 道夫  モーツァルト《ドン・ジョヴァンニ》~「カタログの歌」

12、刈米 興子  ロッシーニ《セミラーミデ》~「麗しい光」
13、 関 朋子   ドニゼッティ《連隊の娘》~「富も栄華の家柄も」「フランス万歳 幸せの日々よ」
14、 武井 正之  ヴェルディ《ナブッコ》~「神よ、あなたは予言者の唇に」
15、 大谷 陽子  ドニゼッティ《ロベルト・デヴリュー》~「冷たい男よ 彼女のそばで暮らすがよい」…「流された血は」


 

sDSC02293



sDSC02289
sDSC02300 sDSC02295


f2422a6e4299609a1b1cf3b3fcaf9282
sDSC02329

 

 

 


sDSC02282
sDSC02284
DSC02274



DSC02277


出演の皆様は長い期間、熱心に練習されて臨んでくださいました。声楽指導の方やプロのピアニストの方、お仕事の傍ら個人でレッスンを受けて地道に勉強されてられる方などが共に会して発表します。お客様からは、若い出演者も楽しいが、60代70代の演奏者から、音楽への愛と熱心さが伝わり感動しましたという声を頂きました。また、今は演奏していないが、60代以上の方々が音楽に取り組み努力する姿を見て、演奏に再挑戦して見たい気持ちになり励まされた、という方もいらっしゃいました。

 

 

 

85日  東京 第9回 夏のお楽しみ特集


バッハ「マタイ受難曲」 バレエ

教会音楽受容のメッセージ

解説 桂川 清子
会場

品川区立中小企業センター

日時



10月    東京 第39回 勉強会

マリン・ファリエロ

ヴェネツィアの歴史を紐解くと。総督の権限は?

会場
日時


 

1111日 大阪 第44


名歌手たちの芸術を偲ぶ

バスティアニーニ没後50年を偲び、1950年代からの今は亡き名歌手たちの至高の歌唱を振り返ります

ソプラノとバリトンのミニ演奏もお楽しみください

解説 丸山幸子
会場

ドーンセンター視聴覚スタジオ(5階)

(大阪府立男女共同参画青少年センター 天満橋)

アクセス

日時 11月11日(土)13時30分~


Comments: コメントは受け付けていません。

エットレ・バスティアニーニ研究会 2014年度活動行事計画



Activities of The Association for 2014
Attivita dell’Associazione in 2014

2014・1~2014・12


1月     新年度 会費納入案内

1月13日大阪音楽会(第9回)

☆♪★♫主に会員の方々の歌とピアノの演奏を楽しみます。
会場 日本基督教団浪花教会
日時 PM2:30~5:15



声楽&ピアノコンサート プログラム 
演奏者16名
演奏順記載

第一部

1、東恵美 カッチーニ「アヴェ・マリア」
2、藤満健 マルチェッロ「私を燃え立たせるあの炎」
3、志熊道夫 ガスタルドン「禁じられた音楽」
4、横川隆一 トスティ「理想の人」
5、刈米興子 ロッシーニ「ラ・ダンツァ」
6、山口俊二 コンヴァース「星の宙」、杉山長谷夫「花嫁人形」

ピアノ演奏
7、藤田牧子 ウエーバー「ソナタ2番」3、4楽章


8、武井正之ソ ヴィエト歌謡「鶴」、ムソルグスキー「蚤の歌」、滝廉太郎「荒城の月」
9、丸山幸子&横川隆一 ヴェルディ《ラ・トラヴィアータ》「パリを離れて」

ピアノ演奏
10、大井千世 ショパン=リスト「6つのポーランド歌曲」5より「私の愛しい人」、ショパン「ソナタ3番」1楽章

第二部
ピアノ演奏
11、水沼寿和 アリャビエフ=リスト「鶯」、ヴェルディ=リスト《エルナーニ》演奏会用パラフレーズ


12、丸山幸子 チレア《アドリアーナ・ルクヴルール》「私は芸術のつつましい僕」
13、志熊道夫 ヴェルディ《ラ・トラヴィアータ》「プロヴァンスの海と陸」
14、刈米興子 ヴィヴァルディ《バヤツェット》「私は無視された妻」
15、東恵美 団伊玖磨《夕鶴》「さようなら」
16、武井正之 ヴェルディ《ドン・カルロ》「ひとり寂しく眠ろう」
17、大谷陽子 ヴェルディ《ラ・トラヴィアータ》「ああ そはかの人か」「花から花へ」

ピアノ連弾演奏
18、長畑暁子&藤満健 エドゥアール・ヴォルフ、藤満健 編曲「イル・トロヴァトーレの主題によるデュオ・ブリラント」


伴奏ピアノ演奏者()内数字は演奏順番号

赤松充子(武井正之8.16)、浦史子(志熊道夫3.13)、
大井千世(大谷陽子17・丸山幸子9・横川隆一4.9)、
長畑暁子(藤満健2)、藤田牧子(東恵美1.15、・丸山幸子12)、
松尾美智子(山口俊二6)、水沼寿和(刈米興子5.14)


歌曲、オペラアリアの歌とオペラ2重唱、ピアノ独奏と連弾という盛りだくさんのプログラムで大勢の観客の皆様に喜んで頂け、演奏者と共に楽しく賑やかなコンサートとなりました。


20140113


1月18日東京ミニ音楽会(第8回)

☆♪★♫主に会員の方々の歌とピアノの演奏を楽しみます。
会場 代々木の森 リブロ音楽ホール
日時 PM4:00~5:30



演奏会プログラム


1、会田訓子 シュワルツ「ウィキッド」~「魔法使いと私」「私はその彼女じゃない」
2、刈米興子 ドリーブ「カディスの娘」マスネ「ル・シッド」~「泣きなさい、私の瞳」
3、久保庭重夫 マルティーニ「愛の喜びは」モーツァルト「ドン・ジョヴァンニ」~「奥さん、これが恋人のカタログ」
4、白水寛子 チレア「アドリアーナ・ルクヴルール」~「私はつつましい芸術の僕」マスカーニ「カヴァレリア・ルスティカーナ」~「ママも知る通り」 
5、多田暁美 中田喜直「雪うさぎ」、箕作秋吉「悲歌」プッチーニ「蝶々夫人」~「おまえ、かわいい坊や」

ピアノ
1、水沼寿和 ヴェルディ=リスト「エルナーニ」による演奏会用パラフレーズ、ショパン「ノクターン」

歌伴奏者
竹内知子1,3,4,5と全員合唱曲。水沼寿和2

20140118

3月29日 大阪 勉強会(第33回)

「レニャーノの戦い」 ヴェルディ
ローマ帝国復活を夢見た教皇の介入により、複雑化したイタリア事情とコムーネの誕生

解説 桂川 清子
Commentator: Kiyoko Katsuragawa
Commentatrice:kiyoko Katsuragawa
会場 大阪市駅前第2ビル 大阪市立総合生涯学習センター 6階 第2研修室
日時 総会PM1:30~2:00 勉強会 2:00~5:00


「レニャーノの戦い」は、イタリアでは皇帝軍にコムーネが勝利した記念としてお祭りも行われている大事な戦いとして知られている。12世紀戦い時の教皇と神聖ローマ皇帝フリードリッヒ1世(オペラではフェデリーコ・バルバロッサ)の関係、ロンバルディア同盟の各都市の思惑、市民軍のそれぞれの状況を解説された。恋愛と友情が絡んだドラマはオペラではよくある設定だが、1961年のスカラ座シーズン開幕初日公演でバスティアニーニ、ステッラ、コレッリの圧巻の声の饗宴には、最近の歌手たちの及ばない歌唱力の魅力を感じられていた。ヴェルディが込めた「イタリア国家統一運動」の熱意とこの有名な歴史的戦いを理解しながら鑑賞して頂けた。

作品背景の理解が掴めた、普段ここまでわからないことがわかった、という声を多く頂きました。


20140329



4月5日 東京 勉強会(第28回)

「運命の力」 ヴェルディ

ドラマ性表現、音楽作風の集大成と新たな模索の結晶作品

解説 丸山 幸子
Commentator: Sachiko.Maruyama
Commentatrice: Sachiko.Maruyama
会場 品川区立中小企業センター
日時 総会PM1:30~ 勉強会2:00~6:00

 

ヴェルディがそれまでの作品と違う作風を試み、それが以後の《ドン・カルロ》の深い感情描写に繋がり、近代的なオペラ作風への足掛かりとなった。後の《アイーダ》≪オテッロ≫≪ファルスタッフ≫を生む重要な位置にある作品を音楽面から見る。自作改作した作品が多いが、この《運命の力》に関しては、初演版のドラマティックさには高い評価がされるべきである。改訂版との違いを見、特に初演版3幕からの暗明暗シーンそして4幕開始の明シーンと改訂版の暗暗明と4幕明シーンを解説し、それぞれの長短所を検証する。ヨーロッパ中を巻き込んだ18世紀オーストリア継承戦争を背景とした社会とその疲弊から生まれた原作からオペラとなった音楽は、ドラマからは1世紀進み、19世紀世相と社会に適合する音楽世界が求められ変換が迫られていた。改訂したことで初演版から矛盾が生じる歌詞があり、その矛盾に対応した上演の例や、僅かな歌詞に込められたドラマの背景なども解説。

初演版と改訂版をしっかり把握できた、細かく検証した内容から多くが学べた、この作品の位置の重要さがわかった等の声を頂いた。

P4050284


❀★✪ 6月に研究会は、定期活動を開始して10周年となります。

6月8日東京 勉強会(第29回)

「二人のフォスカリ」 ヴェルディ

ヴェネツィア共和国、政治に翻弄さ
れる商人貴族たち

解説 桂川 清子
Commentator: Kiyoko.Katsuragawa
Commentatrice: Kiyoko.Katsuragawa
会場 品川区立中小企業センター
日時 PM2:00~6:00

 

15世紀半ば、繁栄の最中にあったヴェネツィア共和国10人評議会を舞台にした過酷な政争背景をしっかり把握することこそ、この作品への理解の重要ポイント。背景を知ると父子の情愛を表に出せずに苦悩するだけでない人間ドラマを、ヴェルディが社会の不条理と共に描きたかったことが見えてくる。作品を深く理解できたという参加者の声を多く頂いた。

 

 

7月12日 大阪 勉強会(第34回)

「スペードの女王」 チャイコフスキー

チャイコフスキーが音にしたロシア社会と人

解説 丸山 幸子
Commentator: Sachiko.Maruyama
Commentatrice: Sachiko.Maruyama
会場 大阪駅前第2ビル 大阪市立総合生涯学習センター  6F 第2研修室
日時 PM2:00~5:00

 


ロシアが生んだ天才そして人気作曲家チャイコフスキーオペラの理解とロシアオペラや音楽を見る意味で取り上げた。既にロマン派音楽が古くなり、現代音楽の潮流にあった中で、作曲家は「精神性オペラ」で、人間と社会の問題を提起した。ロシア近代音楽化への道と近代化に進む帝政ロシア社会で、「必然的に」ロシア国民楽派とプーシキンはじめとする文豪が生まれる。多くの要因に影響されながら、独自の音楽スタイルで社会と人を描き出した。様々な公演と演出からテーマをどう描いたか、日本ではソヴィエト時代の来日公演で紹介され広まったことにもデータで言及。


参加者から❣・作品名は知っていたが、きちんと聴いたことなかったので期待していた ・作品を良く理解できた ・資料が読みやすくありがたい ・チャイコフスキーそのものへの再評価をした ・ロシアの当時の時代や様子がわかり、プーシキンに興味を持った ・知っていたが、細かく今日知ることができた ・オペラに派手さがなかったので、まともに聴いたことがなかったが、優れた構成力と教養で成し遂げられたことが分かった。決して「白鳥の湖」に象徴される作曲家ではない。改めてチャイコフスキーに感服した。交響曲管弦楽曲ピアノやヴァイオリン協奏曲室内楽歌曲バレエ曲・・とオペラ、これほどの大作と多作のしかも優秀な作品を生んだことが素晴らしい。他の作曲家に影響を与えている。チャイコフスキー再評価の機会となった。等の感想を頂いた。



 

スペードの女王

8月 東京 夏のお楽しみ特集(第6回)

バレーとオペラに見る《ドン・キホーテ》

 

解説 桂川 清子
Commentator: Kiyoko.Katsuragawa
Commentatrice: Kiyoko.Katsuragawa
会場 品川区立中小企業センター
日時 PM2:00~6:00

マスネの音楽から気高い道化師ともいえる老騎士の哀れさが胸に迫るオペラも素晴らしい。そして、歴史の重みを感じさせてくれるパリオペラ座のバレエ舞台に込める装置美術スタッフの情熱と力量が伝わり、両芸術の厚みを感じた感想を頂いた。


9月 大阪 特別勉強会(第2回)

「オペラポプリ」 三部構成


Commentator: Nobuo Mori Tooru Yamashita

Commentatore: Nobuo Mori Tooru Yamashita

会場 大阪駅前第2ビル 大阪市立総合生涯学習センター
日時 PM2:00~6:00



第一部 ご逝去された会員への追悼 2013年、2014年に亡くなられた会員3名の方々を写真や音楽で偲ぶ。家族より親しく親密に交際し、心が深く通じ合い、オペラを楽しみ合った思い出を語って頂いた。 進行 丸山幸子

第二部 「ヴェルディ、プッチーニと生きたトスカニーニ」 解説 森 信雄 大指揮者のデビューから引退までの活動、人間性とオペラ上演改革に尽力した功績を中心に言及された。

第三部 「やましたとおるのイタリアオペラ」 解説 山下 徹 ワーグナーの魅力も認めながら、ロッシーニ他のイタリアオペラの人の心に直観的に響く美と魅力について話された。

 

 

11月2日 大阪 勉強会 (第35回)

 

「カラスのライヴァルたち

海賊版の女王 レイラ・ジェンチェルの場合」


解説 西木 正

Commentator: Tadashi Nishiki

Commentatore: Tadashi Nishiki


会場

会場 大阪市立生涯学習センター

日時

勉強会 PM1:00~5:00

 

多くのライヴ録音が残りながらスタジオ録音が少ないので、「海賊版の女王」と言われていることでも有名です。カラスやバスティアニーニとその後に続いたカバリエ、クラウス、パバロッティの時代にも活躍したオペラ黄金時代を見る上で意義ある実力派ソプラノ歌手でした。オペラの醍醐味は歌手たちの声の饗宴も大きな要素。コッソットと火花を散らすヴェローナのアイーダや、バスティアニーニや多くのライヴ盤を紹介し、当時のテノール歌手や名歌手に言及、流麗な音楽と迫力ドラマを歌の声で展開させるイタリアオペラの真骨頂、当時のオペラ界の華やかさを提示された。また参加者のある女性は、1972年大晦日にフィレンツェで≪アッティラ≫のギャウロフとムーティ指揮の共演でジェンチェルを鑑賞された思い出を話された。



カラスのライヴァルたち

11月30日 東京 勉強会(第30回)

「ホフマン物語」オッフェンバック
オペレッタで一世を風靡したオッフェンバック最後の未完の大作

解説 桂川 清子
Commentator: Kiyoko.Katsuragawa
Commentatrice: Kiyoko.Katsuragawa
会場 品川区立中小企業センター
日時 PM2:00~6:00

 

三つの話しに各主人公がいたのを台本作家のバルビエがホフマンの物語にしたことや、展開のため狂言回しのような役割を持たせるミューズやニクラウスを登場させたこと、オッフェンバックが当時の世相にアイロニーを織り込んだ才能などに言及。

11月 大阪 勉強会(第35回)

「トリスタンとイゾルデ」ワーグナー

作家としての才能、「恋愛心理と究極の愛」を芸術的高邁な音楽で昇華させた異色作

解説 丸山 幸子
Commentator: Sachiko.Maruyama
Commentatrice: Sachiko.Maruyama
会場

大阪駅前第2ビル 大阪市立総合生涯学習センター  6F 第2研修室 (予定)

日時 PM2:00~5:00



1月 大阪 音楽会と新年会

主に会員の方々の歌とピアノの演奏を楽しみます


1月 東京 東京ミニ音楽会

主に会員の方々の歌とピアノの演奏を楽しみます


Comments: コメントは受け付けていません。

バスティアニーニ終焉の家に記念の碑文プレート設置

「エットレ・バスティアニーニ研究会」とバスティアニーニの元婚約者であったマヌエーラ・ビアンキ・ポッロさんと共に、バスティアニーニ没後40周年を偲び記念して、終焉の家の外壁に碑文のプレートを設置しました。
2007年9月14日記念碑プレート除幕式と、教会でのミサとコンサートによる追悼記念式典が行なわれました。

碑文 日本語訳
この家の中は この世における短い生涯最後の日々にも生きることを願っていた彼のために、幸福だったころの思い出をとどめる場所。
バリトン歌手 エットレ・バスティアニーニ
天与の才能と、その歌唱で 自らの人生に意義と大きさを もたらした偉大な芸術家。
(訳 刈米興子氏)



碑文プレート(targa タルガ)除幕式報告はこちらをクリックして下さい。

Comments: コメントは受け付けていません。

「2007年4月8日「三大名歌手を偲ぶシンポジウム」報告」

The Report from [The Symposium To Commemorate Three Great Singers ] La relazione da [Il Simposio Dedicato Ai Ricordi Di Tre Grandi Cantanti

Ettore Bastianini 40゚ 
Maria Callas 30゚
Mario Del Monaco 25゚


Ettore Bstianini 40th after the death
Maria Callas 30th
Mario Del Monaco 25th


Ettore Bastianini 40th dopo la sua morte 
Maria Callas 30th
Mario Del Monaco 25th


戦後のイタリアオペラ黄金期を築いた3大名歌手の没後周年祭で、その偉業を称え偲び、改めてオペラとその歌唱芸術を認識する趣旨で企画された。 
会は神戸新聞文化センター50周年記念事業と表題実行委員会で共催し、神戸市の三ノ宮駅前、ミント・神戸13階 大会議室で約130名の聴衆で盛会となった。


This event was held to recollect three distinguished singers who built the golden age in the world of Italian opera after the world warⅡ, and to appreciate the splendor of their arts. anew. The event took place on April8at the main conference room in Mint Kobe building in front of Sannomiya station in Kobe City, under the cosponsorship of Kobe newspaper publishing company and the committee of this symposium, supported by Consulate General of .Italy and Italo-Japanese Association in Osaka and Kobe. The meeting turned out to be a great success ..About 130 people had attended the meeting.


Questo l’avvenimento e stata tenuta a ricordare tre cantanti superiori chi hanno creato epoca d’oro dopo la querra ,e per ammirare loro arte splendida di nuovo. L’avvenimento e stata data al’ 8 aprile nella camera principale da conferenza in Mint Kobe building davanti alla stazione Sannomiya in Citta di Kobe, sponsorizzato da Il giornale di Kobe e la commisione dell simposio ,appoggiato da Consolato Generale del Italia e Italo-giapponese Associazione in Osaka e Kobe. La riunione ha fatto gran successo. Partecipanti sono contati circa 130.

(英語、イタリア語訳 刈米興子)

シンポジウム会場

 

第1部
カラス没後30周年「大いなる幻影」


解説:オペラ講釈家 山下徹
第2部 バスティアニーニ没後40周年「心かき乱す憂愁の美声」


解説:「エットレ・バスティアニーニ研究会」代表 丸山幸子
第3部
マリオ・デル・モナコ没後25周年「強烈な声の炸裂」


解説:オペラ評論家 千代田晶弘
後援 イタリア総領事館 神戸日伊協会 大阪日伊協会

当日は3人の講演者各自がレジュメを用意し参加者に配布した。
それぞれの歌手の珍しい映像や写真も交え、不世出の歌手といわれる所以を示す。特に3歌手の全盛期の声と歌唱力、オーラは圧巻である。
どの都市でも行なわれなかったこの会の報告を「エットレ・バスティアニーニについて」を中心に簡単にご紹介する。


Part 1
Maria Callas ,[A great vision ]


by Mr.Toru Yamasita(Opera commentator)
Part2
Ettore Bastianini..[beautiful voice that shakes human’s heart with the melancholic timbre]


by Mrs.Sachiko Maruyama.
(The representative of The Associasion for The Reseach of Ettore Bastianini)
Part3
Mario Del Monaco , [Explosion of the acute voice ]


by Mr.Akihiro Chiyoda.(Opera critic)

On the day, three lectures distributed their own resume to the attendants. Rare images and photographs of each singer introduced, proved the reason why they are called uncommon singers, Especially three singer’s voices ,powers of expression,aura in their best days were really overwhelming.


Part 1
Maria Callas [ una grande Visione]


da signor Toru Yamashita(Commentatore di opera)
Part2
Ettore Bastianini [bella voce col timbro malinconico che scuote il cuore umano]


da signora Sachiko Maruyama
(La Direttrice dell’Associazione di studi su Ettore Bastianini)
Part3
Mario Del Monaco [L’esplosione della voce acuta]


da signor Akihiro Chiyoda.(Critico di opera)

Tre conferezieri hanno distribuito loro riassunti ai presenti. Rare immagini e foto di ogni cantanti sono presentati, hanno provato la ragione perche loro sono chiamati i cantanti superiori. Soprattutto, le voci,.capacita espressiva, aura di tre cantanti nei suoi tempi d’oro sono stati veramente meravigliosi

(英語、イタリア語訳 刈米興子)

三大名歌手を偲ぶシンポジウム」ご案内はこちらをクリック


2007年4月8日「三大名歌手を偲ぶシンポジウム」第2部から 「エットレ・バスティアニーニに関する報告」Ettore Bastianiniここをクリック

Comments: コメントは受け付けていません。

バスティアニーニのライヴ録音がある 『タイース』『ラ・ボエーム』オペラ対訳ご案内

マスネー作曲『タイース』レオンカヴァッロ作曲『ラ・ボエーム』はバスティアニーニの名唱ライヴ盤がありますが、対訳をお持ちでなくお困りの方に台本訳コピーをお分け致します。原語と対の訳となっておりません。日本語訳のみです。
両オペラ共、本研究会の中嶋重雄氏のリブレットからのオリジナル訳です。 台本訳コピーと送料込みで一部1200円です。2部の場合コピーと送料込みで2500円です。振り込み用紙を同封してご送付致します。お申込は申込フォームまたはメールで件名欄に“台本訳申し込み”と曲名を表示の上お申し込み下さい。

※申し訳ございません。終了致しました。

Comments: コメントは受け付けていません。

バスティアニーニの曾孫ご誕生のお知らせ

2002年研究会主催の「没後35周年、偲ぶ会」や2004年、2005年の研究会オペラツアーで交流しましたバスティアニーニと同名のお孫さんに女児が誕生した知らせが日本時間2月4日午前9時にお孫さんから入りました。1月31日のご誕生です。母子ともにお元気です。私達にとっても大変嬉しいニュースです。お祝いのメッセージをすぐお送りし、またお祝いのお品を会員有志のお名前と喜びの言葉を訳し添えまして、3月3日にお孫さんへ発送しました。3月13日、お孫さんから素晴らしい贈り物と会員の皆様の熱い心に対し、返礼とお喜びの言葉を頂きました。
Comments: コメントは受け付けていません。

音楽評論家 黒田恭一氏逝く

クラシック・オペラファンの間で黒田恭一氏の音楽解説文を読み、またテレビ・ラジオを通じてお姿や声の記憶のない方は殆どいらっしゃらないことでしょう。2009年5月29日に亡くなられました。氏はバスティアニーニの大変なファンでもあり、多くの賛辞を寄せられていました。新しいオーディオ製品を自宅に入れられた時には、必ずバスティアニーニの音源で、その新製品の音質を試していると書かれていたこともありました。氏は個人的にはバスティアニーニについて踏み込んだ研究などはされませんでしたが、多くのバスティアニーニファンにも丁寧に接していらっしゃいました。謹んで哀悼の意を捧げます。


会員の方からの哀悼文

私事ながら今を去る大昔、レオンカヴァッロ「ラ・ボエーム」の台本訳に取り掛かり、悪戦苦闘の末やっと幕が下りるところまでこぎ付けた時、余りの喜びと興奮で手書きの原稿コピーを「音楽の友社」気付で氏宛に送った事がある。ほどなくして氏より懇切丁寧な長文のお手紙が届き、共感や励ましの言葉が述べられていたのは痛く恐縮したものだった。

(中嶋重雄)

Comments: コメントは受け付けていません。

三浦洋一氏 死去 伴奏ピアニスト第一人者

2009年1月22日・胃がんにより75歳で芸術活動とその生涯を閉じられました。
新聞訃報欄などで1960年代から世界的名歌手、フランコ・コレッリ、ジェラール・スゼー、フェルッチョ・タリアヴィーニ他の信頼が厚く氏の伴奏で日本公演リサイタルが数多く行われたことが書かれ、その歌手の名ではバスティアニーニの名が一番目に書かれていたものもありました。 「バスティアニーニ没後35周年・40周年偲ぶ会」で、氏がバスティアニーニへの思い出を敬愛と懐かしさを込め、また伴奏されたことを誇らしく語って下さいました。
「バスティアニーニ来日時に、最も長く接していたのが私です。マエストロと私を呼んでくれ、ずっと楽しくしかも礼儀正しく接してくれた。もう一度できることなら一緒に仕事したかった。」と熱く語って下さったそのお言葉とお姿は心に刻まれ残りました。 世界的な伴奏ピアニストのお一人でいらっしゃるのに、氏の名古屋のご自宅でも、気さくにバスティアニーニや共演されたアーティストの数々のお話を楽しくして下さいました。

研究会として謹んで哀悼と敬意の念を捧げます。ご逝去まことに残念です。

Comments: コメントは受け付けていません。

写真家 阿部克自さんの訃報

2008年9月17日肺炎のため逝去されました (78歳) デューク・エリントンらジャズの名演奏家の撮影を多く手がけられ、ジャズの世界では大変著名な方でした。写真集も何冊も出版され、またアメリカのデューク・エリントンの切手は阿部氏撮影でした。力強く印象的な焼き付け処理は特徴がありました。2005年にアメリカからミルト・ヒントン賞を贈られています。

1965年6月バスティアニーニリサイタル来日時に彼の写真を撮影されました。特にキングレコード録音時のLPジャケット写真は、今尚私たちには忘れられない一枚です。録音時にバスティアニーニが使用したトスティの『La serenata』楽譜写真は、曲の分数他、彼が何か所も書き込んだ跡があり、バスティアニーニが帰国時に、それらの写真を持ち帰り、死後も親族に保管されていたことが2001年にわかりました。

本研究会との繋がりは、1992年2月8日「バスティアニーニ没後25周年偲ぶ会」開催準備のため、その前年に阿部氏に写真を依頼し、前述の写真と未発表の写真5枚を現像して譲って頂けました。その後も氏とはバスティアニーニ25周年、35周年の没後周年開催報告やキング社のCD再発売写真選定時や折、折りにお話しさせていただきました。氏からはジュリー・アンドリューズさん、世界的ジャズアーティストとの交流やご自身のご闘病についてもお話下さいました。

丁寧で誠実に接して下さる中にも、情熱を常に感じてきました。氏から頂いた「偉大なアーティストのために情熱的に活動する方を知ると、胸に迫って来るのです」というお手紙は忘れられません。 謹んで哀悼の意を捧げご冥福をお祈り申し上げます。

Comments: コメントは受け付けていません。

テノール歌手 ジュゼッペ・ディ・ステーファノ氏へ謹んで追悼の意を捧げます。

ジュゼッペ・ディ・ステーファノ Giuseppe Di Stefano

1921・7・24-2008・3・3

2004年12月、ケニア、モンバサ近郊の別荘で妻と共に強盗に襲撃され、意識不明となってミラノに搬送され入院。しかし昏睡状態のまま回復せず、ミラノの自宅で3月3日死去。86歳だった。

1921年7月24日 シチリア島・カターニアから西へ入った小さな町モッタ・サンタナスタージア(Motta Sant’Anasta’sia)に生まれる。

マリオ・デル・モナコ、フランコ・コレッリ、カルロ・ベルゴンツィなど現在では考えられないほどイタリアオペラ黄金期に輝いていたテノール歌手の中でも、若い時から認められていた歌手だった。22、3歳の録音からは混ざりけのないほれぼれとする美声、歌唱の巧さ、上品な甘い響きが聞き取れる。1947年ミラノ・スカラ座でマスネ「マノン」のデ・グリュー役で、翌年にはニューヨーク・メトロポリタン歌劇場でヴェルディ「リゴレット」のマントヴァ公爵でデビューした。

明るい透明感ある美声で、抑揚の利いた歌い回し、しかもドラマを体現できる声量も兼ね備えていた。同時期の偉大なテノールで人気が高かった上記歌手達のような強く輝く声質とはタイプが違っていた。彼独特の輝きと人の心に沁みわたる雰囲気を持っていて、その上歌には軽やかさがあり、それらが人気の所以であった。

EMI社にマリーア・カラスと多くのオペラ録音を残せたことはカラスとディ・ステーファノにも幸運だった。
ディ・ステーファノ、バスティアニーニ、カラスの舞台共演は「ランメルモールのルチーア」「ラ・トラヴィアータ」「清教徒」「仮面舞踏会」があった。1955年5月のスカラ座ジュリーニ指揮、ルキノ・ヴィスコンティ演出の「ラ・トラヴィアータ」は余りにも有名である。
今から53年も前の舞台だが、全ての条件でこれを凌ぐ舞台公演は今後も不可能であろうと思えるほど歴史的名唱と舞台であった。ゴールデンドリームキャストと言われ正に才能の共演だった。
ディ・ステーファノのアルフレードは情熱的で素晴らしく1日だけしか歌わなかったのは誠に惜しい。

バスティアニーニとの舞台共演は上記作品以外に「真珠採り」「エウゲニー・オネーギン」「リゴレット」「仮面舞踏会」「ラ・ボエーム」「カルメン」「アドリアーナ・ルクヴルール」「愛の妙薬」「トスカ」「運命の力」があった。

カラスと1973年から世界ツアーに廻ったジョイントコンサートで人気を博し、日本でもコンサートは各地で行われたが、カラスと同様もう往年の声は消え去っていた。 ディ・ステーファノは“ピッポPippo”と呼ばれ多くの人から愛される性格で人気があり、歌手引退後も多くの支援者に囲まれ暮らせたようである。

昨年ルチアーノ・パバロッティ死去の報はメディアで大きく報じられた。ディ・ステーファノもテノール歌手としての栄光と世界的な人気を誇った点では、パバロッティと同様の報じられ方をされてもおかしくないのだが、各新聞で小さく掲載されたのみであったことを残念に思う。謹んで哀悼の意を表します。

2008年3月8日
Comments: コメントは受け付けていません。

ソプラノ歌手、アンナ・モッフォさんに謹んで追悼の意を捧げます。

AP通信から3月10日に死去された報が新聞各誌で伝えられました。享年73歳。1932年(今まで32年から35年説まであった)アメリカ東部ペンシルベニア州で生まれる。1955年(56年説もある)にイタリアのテレビで放映された「蝶々夫人」の成功で一躍有名になる。

彼女を紹介する時、必ず“美貌の”という形容詞がついた。しかしこの一語がソプラノ歌手の真価を妨げる要因にならなかっただろうか。モッフォの声と歌唱は「ルチーア」「ヴィオレッタ」「蝶々さん」「マグダ(つばめ)」「リュー(トゥーランドット)」など報われない愛と自己の境遇に悩む女性を演じる上で、ひとつの典型を作り上げた。悲劇のヒロインの歌唱は派手さや嫌味がなく、叙情的な声に悲しみと感情表現が滲んでいたが、それは気品にも包まれていた。だから美しく共感された。

エットレ・バスティアニーニとの共演では1964年ウィーンでの「ラ・トラヴィアタ」は音源が残っており、30歳を過ぎたばかりのまさに恋愛と自己の生き方を模索した悲劇の女性そのものだった。他に「ラ・ボエーム」と1965年ニューヨークでの「ランメルムーアのルチーア」がある。

リンカーンセンターに移った新メトロポリタン歌劇場で、1972年4月22日名支配人ルドルフ・ビング辞任の業績を称える壮大なガラ・コンサートが開かれ、NHKでも放映された。メットの錚々たる歌手達と一緒に登場していたモッフォの華麗な姿はいまだに忘れられない。1970年代に入ると映画に出演もしたが、オペラからは早い引退であった。

数々の録音や写真の記憶はいつまでも多くのファンの心に刻まれたままでしょう。

2006年3月19日
Comments: コメントは受け付けていません。

ビルギット・ニルソンさんの訃報に接し、心からの追悼を捧げます。

Birgit Nilsson。スウェーデン、カルップー生まれのソプラノ歌手。同国で逝去され葬儀を済ませた報がAP通信より1月11日にありました。死亡日時は不明(1918・5・17-2006・1・ 享年87歳)

ニルソンは戦後ワーグナー歌手として頭角を現し、そのブリュンヒルデ、イゾルデなどは傑出していました。彼女の輝かしい強靭な声と歌唱力は永遠に語り継がれることでしょう。

またイタリアオペラ界でも活躍し、『トスカ』『アイーダ』『トゥーランドット』『仮面舞踏会』などを歌いました。エットレ・バスティアニーニとの共演では、ウィーンで1958年にアメーリア(仮面舞踏会)を、1959年にアメーリアとトスカを、1960年と1961年にアイーダがありました。

歴史的な『ニーベルンクの指環』全曲録音時の映像からは、歌い朗らかに共演者と談笑する姿が見られました。また1996・4・27の指揮者ジェームズ・レヴァイン、メトロポリタン歌劇場デビュー25周年コンサートでは、ブリュンヒルデの一節を披露されました。その美声と明るい元気な姿はまだ記憶に新しい所でした。

謹んでご冥福を祈ると共に、ソプラノ歌手としての栄光を称えるものです

2006年1月15日
Comments: コメントは受け付けていません。